このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

二酸化炭素貯留技術

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
温暖化対策の一番のポイントは、二酸化炭素の削減。この二酸化炭素を地中に埋めて大気から減らす計画が考えられている。

【分析】
二酸化炭素に、高い圧力を加えていると、液体や固体になって安定する。
現在考えられている二酸化炭素貯留の方法は、高圧の深い地中に、圧力をかけて液体にした二酸化炭素を注入する、すると大気中の二酸化炭素は減少するというものである。
ふつう地中に空洞はない。掘って作れば、掘るために二酸化炭素を出してしまう。だから、今のところ、原油や天然ガスなどの化石燃料を掘り出した跡に二酸化炭素を注入し貯留するのが最適とされている。
その二酸化炭素は、発電所などの排気から取り出したり、空気中から集めることが検討されている。しかし、現在の技術では、二酸化炭素を集めるのにも、地中に注するのにも、かなりのエネルギーを使うことになる。つまり、空気中の二酸化炭素は減らせても、減らすこと自体が新たに二酸化炭素を発生させてしまう、という矛盾が生じてしまう。
だから、現在の技術で二酸化炭素貯留をおこなうと、化石燃料は加速度的に減少する。また、地中に注入した二酸化炭素が漏れ出すのも技術的に心配な部分である。

【結果】
現時点では、いつか化石燃料を使い切ってしまったあとに、どうしたらいいか考えた方がいいくらいの計画である。


「二酸化炭素貯留技術」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.