このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

化学物質過敏症

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
最近、発症する人が増えている化学物質過敏症。しかし、どういう病気なのか、まだ詳しくは解明されていない。

【分析】
化学物質過敏症は、化学物質を大量にあびたり、少しずつでも繰り返しあびたりすると発症する。だから、だれでもなる可能性がある。
何万種類とある化学物質のうち、どれがよくてどれがだめかわかっていない。
化学物質過敏症は、花粉症と同じで、突然発症する。また、いつも化学物質にさらされている都会に発症者が多いのも同じ。
今までの発症例では、殺虫剤、接着剤、たばこの煙、燃料、化粧品、洗剤、文房具、本、机など、あらゆるものが原因となっている。
症状は、頭痛・めまい・湿疹など人によって千差万別。立ち上がれなくなる人もいる。
病気と本人も気がつかないことがあるだけでなく、周りの人も病気と思わず、発症者が困ることもある。
化学物質過敏症の治療法は、化学物質の無いところに引っ越すのが一番。だが、だれもができる訳じゃないから、予防するしか手がないのが現状である。

【結果】
化学物質過敏症の予防には、こまめな部屋の換気・農薬や添加物の少ない食品の摂食・天然材料の家具を使うなど、気をつければなんとかなりそうな対策ができる。また、適度な運動をして汗をかくのがいいらしい。


「化学物質過敏症」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.