このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ペットボトル

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
リサイクルといえばペットボトルというくらい日本ではペットボトルはリサイクルと切り離せない

実際に、日本のペットボトルの回収率は、60%を超えている「らしい」。これは世界でもひときわ高い。

【分析】
回収されたペットボトルから洋服のフリース素材やトレーなどが作られている。(マテリアルリサイクルという)

なぜもう一度、再循環リサイクルによってペットボトルを作らないのか?
簡単にいうと、原料に戻すときに別の原料(キャップなど)が混ざってしまい新品同様の品質が維持できないからである。
同じ物に再生できないと必ず必要のない物ができてしまうわけだから、ペットボトルはリサイクルとしては不完全である。
最近の研究でペットボトルからペットボトルを再生する日本にしかできない技術が発明された。しかし、これを行うには、はじめの原料から作るときの何倍ものエネルギーを必要としてしまう。つまり、原料は節約できたが、そのために何倍もの電気や石油を使ってしまうため逆に無駄づかいとなる。
これに対し、フリース素材に再生するときは、はじめからフリースを作るときの10分の1のエネルギーで済むためエネルギー効率もよい。(全て使わなければ無駄になってしまうが)

【結果】
このことからリサイクルは現実にはたいへんなことがわかる。本当に環境のことを考えるのであれば、リサイクルすることを考えず、長く使える必要な物しか作らないことである。


「ペットボトル」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.