このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

オゾンホール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
オゾンホールは、南極や北極の上空のオゾン層が春から夏にかけて減ってしまう減少である。年々規模が大きくなる傾向があり、オゾンホールから降り注ぐ有害な紫外線の影響が出始めている。

【分析】
オゾンホールは、人が作ったフロンガスやハロンガスが、上空で地球に降り注いでくる紫外線を浴びて分解し、塩素系物質となり、オゾン層を破壊してできあがる。
オゾン層は、地球の上空20〜25km付近でもっとも密度が高く、酸素分子一つと酸素原子一つの合計三つの酸素原子からなる「オゾン」が太陽からの紫外線によって作られ、地球を包むように形成される大気の層のことである。
太陽から降り注ぐ紫外線をオゾン層がほとんど吸収している。そのため、オゾンホールは、地球上の生物によって大問題なのである。
南極のオゾンホールは、近年、オーストラリアやニュージーランドまで拡がっており、帽子をかぶらないと肌が荒れてしまうくらい強烈な紫外線が降り注いでいる。
それでも今のところオゾンの減少は数%であり、これが増加すると重大な健康被害(皮膚ガンや白内障の大幅な増加など)が世界中に拡がる。

【結果】
オゾンホールは、あきらかにフロンガスやハロンガスの大気中への放出量に影響されている。だから、フロンガスを大気中に出さないことがなによりの防衛手段である。冷蔵庫やエアコンは絶対に捨ててはいけない。


「オゾンホール」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.