このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

紫外線(UV)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
日焼け止めでよく聞く紫外線(UV=Ultra Violet・ウルトラバイオレットのこと)は、可視光線(人が見える光の波長)から短い方に外れた光線。だから目に見えない。可視光線のうち波長が短い方が紫色のため、そこよりはずれているということで紫外線という。もっと短くなるとX線などになる。

【分析】
紫外線は、波長の違いで3種類に分けられている。
UV-Aは、紫外線のうちもっとも波長が長い方のことをいい、浴びると細胞が活性化する。つまり元気になる。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短い方のことで、日焼けのもとであり、皮膚ガンの原因になる。
UV-Cは、UV-Bよりさらに波長短く強い殺菌力があり、細胞を破壊する。
要するに、波長が短いほどX線などに近づくわけだから有害になってくるということ。
ところがこのUV-C。今のところオゾン層で吸収されているが、オゾンホールが拡大すると地上に降り注ぐことになる。

【結果】
UV-Cは、日焼け止めでどうにかなるものではないから、オゾンホールのもとになるフロンガスやハロンガスを使うのをやめるべき。


「紫外線(UV)」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.