このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

バイオマスエタノール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
石油に代わる新しい燃料として、大気中の二酸化炭素を増やさない植物原料のバイオエタノール(バイオマスエタノール)が注目された。

【分析】
エタノールはアルコールの一種で、燃料用を含めた世界中で生産されるエタノールの95%は植物から作られている。
バイオエタノールの生産方法は、お酒と同じで微生物のアルコール発酵で作る。
現在のところ主な原料は、さとうきびの糖分やとうもろこしのデンプンなどの食べ物。そのため木のくずやサトウキビの搾りかすなどの食べ物以外から作る技術開発が進められている。
バイオエタノールの使い方は、ガソリンと混ぜて自動車の燃料とするのがもっとも一般的。E3燃料といって、エタノール分を3%含むエタノール混合ガソリンは、日本でもすでに法律が改正されていて使うことができる。
バイオエタノールの混合比率を上げると自動車にもエタノールが燃えたときに出る有害物質を取り除く工夫が必要になるが、アメリカではすでにE10というバイオエタノールを10%も含んだ燃料が使える。

【結果】
石油の使用を減らすためにも日本でも生産が増えそうだが、問題は食べ物との競合。食べ物でバイオエタノールを生産する限り、農家はより高く売ることができる方に販売するため食料供給の面で不安の種を残すことになる。また、脱石油となった場合、バイオエタノールの価格も石油に引きずられて下がる可能性があり、電気自動車の普及状況など社会の趨勢をみながらの展開となる。


「バイオマスエタノール」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.