このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

少子化

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

解説テキスト

【状況】
日本は少子化が進み、高齢化社会を突き進んでいる。この問題はのちにどのような結果をもたらすのか。

【分析】
1998年の日本の出生率は1.38人。2.0人より少ないと人口は減る。仮に1.38人を毎年つづけると1400年後の西暦3400年には日本人はいなくなる計算になる。
2004年の統計によると出生率はさらに1.29人に低下していることから地上から日本人がいなくなる日は日に日に近づいているといえる。

【結果】
この低下傾向が進み続けると、21世紀末におじいちゃん・おばあちゃんになった君とおじいちゃん・おばあちゃんになったご近所さんだけしかいないなんていうこともありえる。これこそが少子化の未来である。


「少子化」のアニメや説明内容に誤りや追加事項がありましたら、ご投稿お願いいたします。投稿ボタン

モンキャラメルCopyright ©2009 mon caramel S.A. All Rights Reserved.